16 年 の 敗戦

猪瀬直樹氏の『昭和16年夏の敗戦』は、大日本帝国が太平洋戦争へと歩みを進める最中、「総力戦研究所」に集った壮年のエリートたちが行った「戦争シミュレーション」を丹念に描いたノンフィクションだ。 『シン・. 猪瀬直樹さんの本です。 第2次世界大戦が始まる前の 昭和16年 30代前後の若い優秀な人物を集めて、 戦争をしたときの予測をしました。 当時の内閣総理大臣の東条英機も途中で 中身を確認するほどでした。 出された予測は結局現実と同じ「敗戦」という結論がでました。 昭和16年夏の敗戦 - 猪瀬直樹 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 マイクラ ゆっくり 村. 「昭和16年夏の敗戦」猪瀬直樹 「戦略的思考とは何か」岡崎久彦 「夜と霧」フランクル 馴染みの無い文化圏に触れる 「モンゴル帝国の興亡」杉山正明 「アンダルシーア風土記」永川玲二 「ユダヤ人の歴史」シェインドリン 「三大幸福論」を読んでみる ゴッド アーミー dvd. 1946年長野県生まれ。83年に『天皇の影法師』『昭和16年夏の敗戦』『日本凡人伝』を上梓し、87年『ミカドの肖像』で第十八回大宅壮一ノンフィクション賞。『日本国の研究』で96年度文藝春秋読者賞。2002年、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される . 『昭和16年夏の敗戦』 〜第二章 イカロスたちの夏〜 太平洋戦争での日本の敗戦は昭和20年夏。 その4年も前に、日本とアメリカとの戦争がいかなる終結を迎えるかが予測されていたという。 壁紙 ワイド おしゃれ. 猪瀬氏の著書『昭和16年夏の敗戦 総力戦研究所"模擬内閣"の日米戦必敗の予測』(世界文化社)によると、総力戦研究所の研究生でつくる“模擬内閣”は1941年(昭和16年)8月27、28日に対米英戦を想定した「机上演習」の結果を本物の近衛内閣に報告した . 猪瀬直樹著「昭和16年夏の敗戦」(文春文庫) **********久しぶりに 弟と会って話した際に、本書の話が 話題になりましたので、20年ぶりに再読しました。本書は、昭和16年総力戦研究所が設置されて、各省などより30才前半の官僚が、総力戦を遂行する為の教育に集められ、 教育の . かつて、日本の皇室が同時に二つ存在していた時期があることは、広く知られています。南北朝時代と呼ばれる50年ほどの期間で、歴史の授業で習うので皆さんもよくご存知でしょう。では、日本に内閣が同時に二つ存在した時期があることは、知っているでしょうか? 時期は昭和16年。日米 . 1945年(昭和20年)9月2日には、東京湾横須賀沖に停泊していたアメリカ海軍の戦艦ミズーリ上で降伏文書の調印式が行われた。 日本側は、外相重光葵、大日本帝国陸軍 参謀総長 梅津美治郎が降伏文書に署名した 。 占領軍による間接統治. 厚木航空隊事件」のような反乱事件がいくつか起きた . tv streaming indonesia free. 『昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)』(猪瀬直樹) のみんなのレビュー・感想ページです(213レビュー)。作品紹介・あらすじ:緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る…。日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちがシミュレーションを重ねて出した戦争の経過は .

もっと詳しく知る »

Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

Amazon.com で、昭和16年夏の敗戦 (中公文庫) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 昭和16年夏の敗戦/猪瀬 直樹(中公文庫:中公文庫)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。

詳細を見る »

年齢早見表|昭和16年生まれ|1941年生まれの人

年齢早見表。西暦1941年、昭和16年生まれの人版。中学校、高校に入学・卒業した年は?結婚年は?イベントなどの出来事があった時の自分の年齢は? 昭和16年夏の敗戦(中公文庫)猪瀬直樹中央公論新社内容紹介緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る…。日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちがシミュレーションを重ねて出した戦争の経過は、実際とほぼ同じだった!知られざる実話をもとに日本が ...

詳細を見る »

【書評】『昭和16年夏の敗戦』をよんで - fastapple's blog

拙い文章でも何も無いよりましだと思って、書いていきたいと思っているので由々しき事態だ。これからまた、時間を見つけて書いていきたいと思う。 タイトルのとおり、猪瀬直樹の『昭和16年夏の敗戦』を読んだ。 猪瀬 直樹『昭和16年夏の敗戦』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

詳細を見る »

昭和16年夏の敗戦 - 継続研鑽

猪瀬直樹さんの本です。 第2次世界大戦が始まる前の 昭和16年 30代前後の若い優秀な人物を集めて、 戦争をしたときの予測をしました。 当時の内閣総理大臣の東条英機も途中で 中身を確認するほどでした。 出された予測は結局現実と同じ「敗戦」という結論がでました。 昭和16年夏の敗戦. 猪瀬直樹 著. 開戦直前の夏、若手エリートで構成された模擬内閣が出した結論は〈日本必敗〉だった。 日米開戦に遡ることおよそ8ヶ月、昭和16年4月1日に「内閣総力戦研究所」の入所式が行われた。そこには、平均年齢33歳の「最良にして最も聡明な逸材」(Best&Brightest)が各官庁、陸・海軍を中心に全国から招集された。

詳細を見る »

ノンフィクション「昭和16年夏の敗戦」感想 - yukkie1973のブログ

今年は、昭和16年夏の敗戦 (中公文庫) 猪瀬 直樹 著 を読んだので、その感想。 昭和16年日米開戦の年、日本政府が官僚・軍人・民間の若手エリート育成のために創設した「総力戦研究所」という、学校のようなシンクタンクのような組織。 夏休みなので読書をしようと思い、今回は昭和16年夏の敗戦を買いました。Kindle版が無くて久しぶりに文庫本。作者は今、いろんな意味で話題の猪瀬直樹。 本質を知ることの重要性 毎年8/15になると政治家の靖国参拝で盛り上がるマスコミ。大きく報道して ...

詳細を見る »

[ビブリオバトル in 紀伊國屋]昭和16年夏の敗戦(猪瀬直樹)

『昭和16年夏の敗戦』猪瀬直樹 / 中央公論新社 / 税込680円 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/9... ビブリオバトル in 紀伊國屋 【新 ... 昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)/猪瀬 直樹(文庫:中公文庫)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。

詳細を見る »

「猪瀬直樹著ー昭和16年夏の敗戦」のデタラメぶりを暴露する

帝国政府声明 昭和16年12月8日午後0時20分発表 「而して、今次帝国が南方諸地域に対し、新たに行動を起こす(開戦)のやむを得ざるに至る、なん ... 「昭和16年の敗戦」に関連する1件の画像・動画・ツイートやニュースのまとめをお届けします。

詳細を見る »

【人事部長の教養100冊】「昭和16年夏の敗戦」(猪瀬直樹)の要約・学びのポイント・書評・まとめ!

「昭和16年夏の敗戦」猪瀬直樹 「戦略的思考とは何か」岡崎久彦 「夜と霧」フランクル 馴染みの無い文化圏に触れる 「モンゴル帝国の興亡」杉山正明 「アンダルシーア風土記」永川玲二 「ユダヤ人の歴史」シェインドリン 「三大幸福論」を読んでみる 昭和16年夏の敗戦 猪瀬直樹著 中央公論新社 2010(中公文庫) 7 [著者プロフィール] 猪瀬直樹(いのせ なおき) 1946年11月20日生 元政治家 第18代東京都知事 1987年「ミカドの肖像」で第18回大宅壮一 ノンフィクション賞受賞 所蔵館 請求記号 たわけ昭和16年夏の敗戦 (中公文庫) (文庫) / 猪瀬直樹 価格:680円(税込、送料別) ★★★★★ 日本はなぜ無謀な日米開戦を決断したのか?そのことについて考えることができる一冊。歴史を学ぶことの重要性を痛感させられる。 本書を読むまでの私のつたない理解では、無謀な戦争に突き進ん ...

詳細を見る »

論理はいかにして空気に敗れ去ったか:猪瀬直樹『昭和16年夏の敗戦』 - ミックのブログ

かつて、日本の皇室が同時に二つ存在していた時期があることは、広く知られています。南北朝時代と呼ばれる50年ほどの期間で、歴史の授業で習うので皆さんもよくご存知でしょう。では、日本に内閣が同時に二つ存在した時期があることは、知っているでしょうか? 時期は昭和16年。日米 ... 『昭和16年夏の敗戦』を読みました。読みたいなぁと思いながら手をつけていなかったのですが、元号も変わったし、日本のことを考えるのにいいかなと思った次第です。 www.chuko.co.jp 本書は第二次世界大戦時に日本に設置された、総力戦研究所に焦点を当て ... 1941年8月に日本の敗戦は予測されていた。正確にシミュレーションをしたのは当時、30代の若者たちだった。彼らは時代の空気を読まず、忖度ぬき ...

詳細を見る »

日本の降伏 - Wikipedia

1945年(昭和20年)9月2日には、東京湾横須賀沖に停泊していたアメリカ海軍の戦艦ミズーリ上で降伏文書の調印式が行われた。 日本側は、外相重光葵、大日本帝国陸軍 参謀総長 梅津美治郎が降伏文書に署名した 。 占領軍による間接統治. 厚木航空隊事件」のような反乱事件がいくつか起きた ... 「昭和16年夏の敗戦」を読みました | 本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ 昭和16年夏の敗戦の本の通販、猪瀬直樹の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで昭和16年夏の敗戦を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは文庫の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。未来屋書店店頭と本の通販サイトの売上ランキングや ...

詳細を見る »

「昭和16年夏の敗戦」で日本は国策を誤ったのか、安倍首相の答えは - 法と経済のジャーナル Asahi Judiciary

猪瀬氏の著書『昭和16年夏の敗戦 総力戦研究所"模擬内閣"の日米戦必敗の予測』(世界文化社)によると、総力戦研究所の研究生でつくる“模擬内閣”は1941年(昭和16年)8月27、28日に対米英戦を想定した「机上演習」の結果を本物の近衛内閣に報告した ... 1946年長野県生まれ。83年に『天皇の影法師』『昭和16年夏の敗戦』『日本凡人伝』を上梓し、87年『ミカドの肖像』で第十八回大宅壮一ノンフィクション賞。『日本国の研究』で96年度文藝春秋読者賞。2002年、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される ... 昭和16年夏の敗戦 - 猪瀬直樹 - 楽天Koboなら漫画、小説、ビジネス書、ラノベなど電子書籍がスマホ、タブレット、パソコン用無料アプリで今すぐ読める。

詳細を見る »

「昭和16年夏の敗戦」: ちょっとした話

猪瀬直樹著「昭和16年夏の敗戦」(文春文庫) **********久しぶりに 弟と会って話した際に、本書の話が 話題になりましたので、20年ぶりに再読しました。本書は、昭和16年総力戦研究所が設置されて、各省などより30才前半の官僚が、総力戦を遂行する為の教育に集められ、 教育の ... 知らなかった。昭和16年4月に「総力戦研究所」なるものが設立され、軍や省庁を中心に民間企業、マスコミを含む30代のエリートが約30人集められ、日米開戦のシミレーションがなされていたことを。そしてそこで、開戦しても必ず負けることが予測されていたことを。 緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る…。日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちがシミュレーションを重ねて出した戦争の経過は、実際とほぼ同じだった!知られざる実話をもとに日本が「無謀な戦争」に突入したプロセスを描き、意思決定のある ...

詳細を見る »

【感想・ネタバレ】昭和16年夏の敗戦のレビュー - 電子書籍ストア BookLive!

日本が終戦を迎えたのは昭和20年。ではなぜタイトルは開戦の年である昭和16年の敗戦なのか。 開戦の年の一年前。日本の中枢から30代の経験豊かで秀逸な聡明さと人格を兼ね備えたとびきり優秀な人材を集めた総力戦研究所が設立された。 昭和16年、官庁, 軍, 民間の優秀な人材たちが、国家機関である総力戦研究所へ集められました。 当人たちは誰も、この研究所の目的を知りません。 研究所では、戦争に関する講義が行われました。 そして、模擬内閣による机上シミュレーションを開始した ...

詳細を見る »

猪瀬直樹の「昭和16年夏の敗戦」(と、猪瀬直樹自身の平成25年冬の敗戦) | Zakkan-berg

作者が、今をある意味ときめく「猪瀬直樹だ」ってことと、「敗戦は昭和20年の夏じゃなかったっけ?」ということだ。 猪瀬直樹だと言うことは置いておいて、「何故、昭和16年夏の敗戦」なのか。 原作は猪瀬直樹の「日本人はなぜ戦争をしたか―昭和16年夏の敗戦」ではなかったかと思います。 これは昭和16年に戦時体制の研究と軍・官・民の中堅者教育を目的に設立された内閣直属の機関「総力戦研究所」について書かれたノンフィクションです。

詳細を見る »

書評『昭和16年夏の敗戦』猪瀬直樹 - CANARY

猪瀬直樹氏の『昭和16年夏の敗戦』は、大日本帝国が太平洋戦争へと歩みを進める最中、「総力戦研究所」に集った壮年のエリートたちが行った「戦争シミュレーション」を丹念に描いたノンフィクションだ。 『シン・... 『昭和16年夏の敗戦』 猪瀬直樹 著 中公文庫 自身、この時期になると、ついつい手に採りたくなる名著ですね。 実は昨日の朝の実践読書でも、題材にしておりました(実践項目についてはお察しください)。 昭和16年夏の敗戦のセルdvd ビデオ ブルーレイは【tsutaya 店舗情報】です。

詳細を見る »

『昭和16年夏の敗戦』 日米開戦という意思決定とその失敗の本質 - Thoughts and Notes from NC

『昭和16年夏の敗戦』 〜第二章 イカロスたちの夏〜 太平洋戦争での日本の敗戦は昭和20年夏。 その4年も前に、日本とアメリカとの戦争がいかなる終結を迎えるかが予測されていたという。 【書評】『昭和16年夏の敗戦』戦後70年目の読書~日本政府が取るべき安全保障策は自明. 2015年09月15日 23:30 by Naoki SUGIURA 昭和16年夏の敗戦 中公文庫 - 猪瀬直樹のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。

詳細を見る »

『昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)』(猪瀬直樹)の感想(213レビュー) - ブクログ

『昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)』(猪瀬直樹) のみんなのレビュー・感想ページです(213レビュー)。作品紹介・あらすじ:緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る…。日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちがシミュレーションを重ねて出した戦争の経過は ... 2010.8.2衆院予算委員会の質疑のnhk国会中継で前の防衛庁長官だった石破茂氏が、この本を掲げて「なぜ『昭和20年夏の敗戦』ではなくて『昭和16年夏の敗戦』なのか」と紹介していた。

詳細を見る »

総力戦研究所 - Wikipedia

総力戦研究所(そうりょくせんけんきゅうじょ)とは、大日本帝国において1940年(昭和15年)9月30日付施行の勅令第648号(総力戦研究所官制)により開設された内閣総理大臣直轄の研究所である。. この機関は国家総力戦に関する基本的な調査研究と“研究生”として各官庁・陸海軍・民間など ... 昭和16年夏の敗戦のあらすじ・作品解説ならレビューン小説. 猪瀬 直樹の小説昭和16年夏の敗戦についてのあらすじや作品解説はもちろん、実際に昭和16年夏の敗戦を読んだユーザによる長文考察レビューや評価を閲覧できます。

詳細を見る »

楽天ブックス: 昭和16年夏の敗戦 - 猪瀬直樹 - 9784122053304 : 本

昭和16年夏の敗戦 - 猪瀬直樹 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 『昭和16年夏の敗戦』 猪瀬直樹 著 中公文庫 自身、この時期になると、ついつい手に採りたくなる名著ですね。 実は昨日の朝の実践読書でも、題材にしておりました(実践項目についてはお察しください)。 読書感想文、第2弾です。「昭和16年夏の敗戦」を読みました! 作者の猪瀬直樹氏は、作家ですが、現在は、東京都の副知事です。単行本として、発刊されたのは、1983年8月と、結構、昔のことですが、今読んでも、とても勉強になります。 私は、ツイッターがきっかけで、この本を手にしまし ...

詳細を見る »

著者をフォロー - amazon.co.jp

1946年長野県生まれ。83年に『天皇の影法師』『昭和16年夏の敗戦』『日本凡人伝』を上梓し、87年『ミカドの肖像』で第十八回大宅壮一ノンフィクション賞。『日本国の研究』で96年度文藝春秋読者賞。2002年、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される ... 『昭和16年夏の敗戦 (文春文庫)』(猪瀬直樹) のみんなのレビュー・感想ページです(9レビュー)。 「昭和16年夏の敗戦」の購入はbookfanプレミアム店で!:bk-4122053307:昭和16年夏の敗戦 / 猪瀬直樹 - 通販 - Yahoo!ショッピング

詳細を見る »